オメガの時計のオーバーホールにかかる時間

オメガの時計をオーバーホールに出すと、修理が終わるまでにある程度の時間がかかります。必要な時間は時計の状態によって異なりますが、多くの場合は2週間~4週間ほどを見積もっておくと良いでしょう。時計の状態が比較的良好であれば、オーバーホールの期間は比較的短く済みます。時計の状態を良く保つと待つ期間も短くなるので、メンテナンスは欠かさず行うのがおすすめです。毎日の拭き掃除を欠かさず行い、定期的に時計用ブラシで細かい部分に入ったゴミを取り除く等するとパーツの劣化や傷みも少なくなります。時計の状態に問題がある場合は、オーバーホールの期間は長くなるものです。過酷な環境で使われてきた時計や、使わないまま保管されていた時計等はある程度の期間がかかるものと考えて見積もっておくと良いでしょう。

時計の状態が良好な場合のオーバーホール

オメガの時計のオーバーホールを依頼した際、状態が比較的良好であると判断された場合は14~30日程度の間にメンテナンスが完了して、時計が手元に届きます。例えば、オーバーホールの際にケースやブレスレットに異常が無く、竜頭回りやムーブメントにもほぼ問題がないと判断されればメンテナンスは素早く済みます。必要になるのは消耗品として組み込まれているパーツの交換だけで、劣化や摩耗の進んだ物を新しい物に取り換える形になります。費用も基本的な料金に加えて消耗品のパーツ代程度で済みますので、大きな出費にはなりません。毎日のメンテナンスがオーバーホールの期間を短くして、オメガの時計を維持し続ける為のコストを少なくしてくれます。時計に必要以上の負荷をかけないように慎重に取り扱う事も、時計の状態を良くするコツの1つです。

時計の状態に問題がある場合のオーバーホール

オメガの時計のオーバーホールでは、まず裏蓋を開けて状態のチェックが行われます。時計の状態がかなり悪いと判断された場合は、月単位の修理期間が必要になるものです。例えば、文字盤再生等の難しい作業を行う場合は、2か月程度の修理期間を見積もっておきましょう。特に摩耗や損傷の激しい時計の場合や、非常に古い時計の場合は3か月程度の修理期間がかかる場合もあります。時計の修理技術は進歩しており、古く汚れた時計でもオーバーホールによってかなり綺麗な状態になります。オメガ公式のアトリエや、信頼の置ける時計修理店であれば長い期間と高い修理費用をかけるだけの価値があるものです。何十年も前に作られた古いモデルでも、新しいパーツに交換する事で再び時計としての機能を取り戻す事ができます。